【鏡と影のワークショップ 〜影編〜】
日時:2009/3/8 13:00-16:00
場所:東京大学福武ホール
当日のようす

会場に到着した参加者に、好きな色のシールを選んでもらいました。今日は、好きな色が一緒の人とグループになります。グループができると、お互いに自己紹介をしました。

次へ
大きなスクリーンを使ってゲームをします。1つ目のゲームは、「影に隠れよう!」。現れる様々な影に、グループの全員が隠れるというゲームです。みんなで協力して、身体を小さくして隠れます。
次へ
次のゲームは「影ジェスチャー」。出されたお題をジェスチャーしたものを影で見せて、グループの仲間に答えてもらいます。影しか見えない回答者たちは、必死になって考えました。
次へ
影のビフォーアフター。一度影が消えて、再び登場するときは違う形の影になっているというものです。何コマも作ってストーリーを考えていきます。
次へ
 
全員で一つのストーリーを作るグループもありました。遠近法を使ったり、シャツを頭にかぶったり。影だからできることを工夫して作っていました。
次へ
最後は壁一面に光を当てて、壁に全員分の影を映し出しました。全員の影が映ると迫力も違います。みんなで思い切り身体を動かして、楽しみました。
題材:
「鏡と影のワークショップ 〜影編〜」
内容:
影をつかったグループゲームや、ビフォーアフターと題したストーリー作り、壁全体に影を映し出してみたり、身体を使って影を楽しみました。
目的:
普段あまり遊ぶこともない影を使って、影のおもしろさを体験し、全員で行う身体表現を楽しむ。