【からだでアニメキッズワークショップ】
日時:2009/5/10 13:00-15:30
場所:東京大学福武ホール
当日のようす
始めに、今日のワークショップで活動するグループに分かれてもらうためにグループ分けゲームをしました。1人1つパズルのピースを持って、自分とくっつくピースを探していきます。完成した時のメンバーが、今日のグループです。

次へ
今日の「からだでアニメ」ワークショップの説明をします。今日は、コマ撮りアニメをからだで作っていきます。カメラマン、役者、監督などの役割があることを理解しました。それから、グループでパソコンの操作に覚えながら、コマ撮りを撮っていきました。
次へ
コマ撮りをうまく利用した作品が完成したので、一度みんなの前で見てみました。
次へ
後半は、「コマ撮りでしか撮れない作品」をテーマに、グループで時間を長めにとって作品づくりをしました。何度も見返して一枚一枚増やしていくグループや、絵コンテを使うグループなど、作品にこだわりが生まれてきました。
次へ
 
今日は、みんなの前に立って発表するのではなく、お互いの作品を見せ合う展覧会的な発表会を行いました。
次へ
最後に、ワークショップを写真のスライドショーを見ながら、一日を振り返りました。
題材:
「からだでアニメ」キッズワークショップ
内容:
からだを使った写真をつなげてコマ撮りアニメを作ります。
目的:
ビデオでは撮れないコマ撮りのおもしろさに気づき、身体表現やグループでの作品づくりを楽しむ。