【わくわく!びっくり!おもしろ写真をとろう!キッズワークショップ】
日時:2009/10/11 10:00-15:30
場所:東京大学福武ホール
当日のようす
おもしろ写真をとろう!ということで、みんなにカメラを持って写真を撮ってきてもらいます。でも今回撮ってもらうのは、ただおもしろい写真ではなくて、「顔に見えるもの」です。

次へ
その写真を使って午後は運動会をやります。ということで、グループはチームカラーを身にまとい写真を撮りにでかけます。
次へ
1人1台のカメラを持って外に飛び出し、顔に見えるものを探していきます。逆さに見たら顔に見えるかもしれないと、2人揃ってこんなポーズでものを見つめていました。
次へ
午後は運動会をやるといっても、運動会の準備は全くできていません。今日はみんなでやる運動会をみんなで準備します。万国旗をつるしたり、プログラムを作ったり、入場門までもみんなで準備をしていきました。
次へ
運動会のはじまりです。といっても、身体を動かす訳ではありません。撮ってきたキャラクターの登場する運動会を、貼ったり絵を描いたりして作っていってもらいました。種目はつなひき、大玉転がし、玉入れです。キャラクターに似合った身体を描いて、大きな運動会の場面が完成しました。
次へ
最後は校長先生役のスタッフから表彰状ではなく参加賞を手渡されました。みんあ最後の最後まで、はちまきを付けて、楽しい素敵な運動界を作ってくれました。
次へ
最後は1日を写真で振り返りました。あまりに運動会で盛り上がったのか、午前中カメラを持って外に飛び出したことを忘れていた子もいました。
題材:
「わくわく!びっくり!おもしろ写真をとろう!」キッズワークショップ
内容:
身の回りから、顔に見える写真を撮る。それを貼ってグループで顔のイメージの絵を描く。
目的:
身の回りにあることに対して、新しい視点を持つとともに、友だちの作品に共感する。